FC2ブログ

月光の巻 第五十帖

何も六ヶ敷いこと申すのではない。
自分の、内の自分を洗濯して明かに磨けばよいのぢゃ。
内にあるものを浄化すれば、外から近づくものがかわって来る道理。
内の自分を洗濯せずにゐて、きたないものが近づくとか、
世の中がくらいとか不平申して御座るなれど、そこにそなたの間違いがあるぞ。
木でも草でも中から大きくなって行くのぢゃ。

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)