FC2ブログ

極め之巻 第十六帖

頭下げて低うなって見なされよ、必ず高い所から流れてくるぞ。
高くとまっているから流れて来んのぢや、
神のめぐみは水のように淡々として低くきに流れて来るぞ、
自分が自分にだまされんように心して下されよ、
善悪をきめて苦しんで御座るぞ。
世界の片端、浜辺からいよいよが起って来たぞ、
夜明け近づいたぞ。

スポンサーサイト



極め之巻 第十二帖

口先ばかりで、その場限りでうまい事申して御座るが、それは悪の花、
心と行が伴わんからぢや、己自身のいくさが終ってゐないからであるぞ。
そなたのもつ悪いくせを直して下されよ、それが御神業ぢや。